理系脳で紐解く日本の古代史

既存の古代史に挑戦!技術と交通インフラを軸に紀元前2世紀頃から6世紀頃までの古代史を再考する!

古代史本論・3世紀まで

74 邪馬台国大和説と銅鏡

考古学界では、三角縁神獣鏡に関する次のような説が根強く語られてきました。 畿内で集中的に出土した三角縁神獣鏡は、卑弥呼が魏から下賜された銅鏡100枚に違いない。したがって邪馬台国は畿内にあったに違いない……と。 しかし近年、三角縁神獣鏡は下賜され…

73 『魏志倭人伝』と『記・紀』から読み解く邪馬台国

第71回ブログで言及した「古代シナ人の世界観」からすれば、『魏志倭人伝』に記された邪馬台国までの距離や方角にとらわれることは、全く意味のないことになってしまうのですが……。 そうは言っても、(距離や方角の記事以外で)所在地の推定に有効と思われる…

72 倭国大乱の実像

「倭国大乱」はどの程度の規模だったのだろうか。これについては諸説あり、見解が分かれています。 九州の吉野ヶ里遺跡をはじめ複数の弥生遺跡からは、矢じりが刺さったままの人骨や首から上が無い人骨の入った甕棺が発掘されており、山陰の青谷上寺地遺跡で…

71 古代シナ人の世界観

前回、邪馬台国の所在地の謎を解明するには、『魏志倭人伝』が書かれた当時のシナの地理観・世界観・天下観を確認してみる必要性に触れました。 筆者は、邪馬台国の所在地を検討する場合は、これから述べる内容を一丁目一番地として、すべての研究者が共有す…

70 邪馬台国はどこにあったのか?

<佐賀平野を吉野ヶ里遺跡へ向かう(前方は脊振山地)> 令和3年になりました。 初夢というわけでもないですが、正月にふさわしく、「楽しい?」テーマを取り上げてみようと思います。 筆者は、日本の古代史を俯瞰する際、邪馬台国の所在地はもちろんのこと…

69 海部氏と本系図・勘注系図

<丹後国一宮 籠神社の神門> 前回・前々回は代表的な海人族の活躍についてレビューしたので、今回は丹後海部氏について言及することにします。 筆者は、2011年、2013年の2回、海部氏が宮司を務める丹後国一宮「籠神社」に参拝しているので、その旅行記を兼…

68 古代のダイナミズムを生んだ海の民(2) 

<住吉大社 第二本宮本殿> 前回に続いて、海の民について言及します。 津守氏について 安曇氏や宗像氏は、先進地域であった朝鮮半島から鉄器をはじめとする文物の輸入に深くかかわることでヤマト王権の権力基盤の強化に貢献してきました。 しかし6世紀にな…

67 古代のダイナミズムを生んだ海の民(1)

弥生時代末期から3世紀頃までの日本海側の交易について概括したので、今回は、第52回・53回ブログで予告した「海の民の活躍」について考えてみます。 チャレンジ精神で交易を担った海民集団 現在の日本は、4つの大きな島を含め合計6852もの島から成りたっ…

65 3世紀頃までの九州北部・山陰の東西交易(2)

<宍道湖北岸の蕎麦畑> 前回の続きですが、古代の出雲と因幡について補足します。 出雲政権はあったのか? 古代史を検討する際に避けて通れないのは、「出雲の隆盛と国譲り」に関する論考です。 まずは、「3~4世紀の大和政権誕生に先立って、西日本全域…

64 3世紀頃までの九州北部・山陰の東西交易(1)

<大社湾越しに三瓶山遠景> 第38・40回ブログで、日本海側における「広範囲にわたる潟湖の存在は、朝鮮半島との南北交易を地域間の東西交易に転換でき、古代の日本海文明において重要な結節点の役割を担ってきた」と記しました。 今回は、紀元前1世紀頃か…

63 玄界灘沿岸のクニグニ・半島との交易(2)

<平原1号墓(福岡県糸島市)> 前回の続きです。 2世紀頃の九州北部 玄界灘沿岸のクニグニは、朝鮮半島との交易によって栄え、2世紀に向けて伊都国を中心にまとまっていきます。 その中心的な集落は、まず紀元前後の三雲南小路遺跡で、続いて1世紀頃の…

62 玄界灘沿岸のクニグニ・半島との交易(1)

<着陸寸前の機内から海食崖の続く対馬を望む> 紀元前の古代シナや朝鮮半島の人びとが、九州北部を「倭国」や「倭人のクニ」と認識していたかどうかに関係なく、九州北部にムラが生まれ、やがてクニに成長し、それらのクニグニが朝鮮半島と交易をしていたこ…

61 クニの始まりと倭人について

<鏡山頂上から虹の松原を望む(唐津市)> <夫れ楽浪海中に倭人有り、分かれて百余国と為る。歳時を以て来り献見すと云ふ>。 これは『漢書地理志』に記された有名なフレーズですね。シナの史書における「倭人」という言葉の初出とされます。 多くの古代史…

60 水田稲作の伝来・伝播 

弥生時代とは? 藤尾慎一郎氏による『弥生時代の歴史』は、紀元前10世紀頃から紀元後3世紀頃までの日本列島の状況を知ることができる良書です。 今回は、同書からの抜粋を中心に、池橋宏氏の稲作渡来の論考も加味して、九州北部と本州における弥生時代の景…