理系脳で紐解く日本の古代史

既存の古代史に挑戦!技術と交通インフラを軸に紀元前2世紀頃から6世紀頃までの古代史を再考する!

古代史本論・4世紀まで

113 トンデモ古代史

今まで、4世紀の遠征物語は虚構(第98回ブログ)などと述べてきましたが、過去の事象が書かれた文献を調べる時は慎重であるべきとつくづく思います。 過去の人が、さらに過去の事象を記録した文献には、過去の人の歴史感覚や価値観にマッチしたものだけが反…

112 神功皇后の三韓征伐について

神功皇后伝説が生まれたバックグラウンド 第98回ブログでは、神功皇后の三韓征伐を虚構であると断じました。4世紀半ばという時期に着目すれば、まだメジャーになっていない敦賀から出発する不自然さや、準構造船(第54・55回ブログ)が存在しないのに三韓征…

111 4世紀における列島各地の政治勢力(その2) 

前回の続きです。 吉備地域 古代、吉備の穴海が存在した吉備地域は、地政学的に陸上・海上交通の要の位置にありました。このため、紀元前から人が集住し独自の文化を築いてきました。 水田稲作の開始(第60回ブログ)は、九州北部が最も早く紀元前10世紀頃で…

110 4世紀における列島各地の政治勢力

前回のブログに関連しますが、4世紀におけるヤマトタケルの全国制覇が虚構ならば、この時期の列島各地は、実際にどんな状況だったのか、今回はその真の姿を確認してみようと考えました。 第100回ブログの最後に、「3、4世紀の列島全体を見渡すと、今なお…

109 ヤマトタケルの全国制覇物語

第98回ブログで少し触れましたが、改めて4世紀頃に全国制覇したとされる「ヤマトタケル伝承」について掘り下げてみたいと思います。

107 古墳の築造技術

第87回ブログでは「古墳造営キャンプ」について言及しました。そして大仙陵古墳は、当時の技術で直接労働力3千人を16年間にわたって投入して完成させたこと、しかもこの集団に食住を提供する「後備え」まで含めれば5~6千人になることも確認しました。ピ…

105 なぜ前方後円墳は『記・紀』に描かれていないのか

かなり以前のことになりますが、第75回ブログで『記・紀』には銅鐸のことが全く書かれていないと記しました。不思議なことに、それより時代がかなり下るのに、巨大前方後円墳に関する事柄も『記・紀』には描かれていません。さて? ヤマト王権をはじめ各地の…

104 巨大化する前方後円墳の謎

第87回・90回・95回ブログで、大和盆地の巨大古墳について確認しましたが、4世紀末から5世紀末にかけては河内平野でさらに巨大な古墳群が築造されます。 今回は河内地域も含め、古墳が巨大化した謎に迫ってみます。

103 もっと光をあてたい前方後方墳

第91回ブログで、布留遺跡には日本最大の前方後方墳「西山古墳」があると記しました。ヤマト王権のお膝元で、しかも大王家と最も親密に連携して一心同体であるかのような「ふる」地域の勢力(物部の前身集団)が前方後方墳を築造する摩訶不思議。

102 ヤマト王権の河内進出

大和盆地北部にあった王権(当ブログでは大和盆地東南部の初期王権は4世紀半ば過ぎまでに衰退したものと考える)は、4世紀末頃から河内平野に進出したようです。 まず、それまでの河内平野の変遷をさらってみたいと思います。 河内平野の推移 河内平野(大…

101 複数の王が並立したヤマト王権

令和4年が明けました。 昨年後半は、4世紀の古代史の中から、主として「ヤマト王権の勢力伸張プロセス」について確認してきました。本年末には雄略の時代まで進みたいものです。 さて、年初の試みとして今回は、もやもやとしている王権継承の実態について…

100 ヤマト国の伸張(8)その後のヤマト王権

先走りしますが、4世紀後半から5世紀にかけてのヤマト王権の態様について簡単に述べておきます。 ヤマト王権の権力基盤は5世紀に大きく強化されます。技術革新がそれをもたらしたと言えましょう。 ともすれば古墳時代というと「古墳づくり」にばかり目が…

99 ヤマト国の伸張(7)畿内から広域へ

前回のブログで述べたように、『記・紀』に記された景行の時代は、奇妙な物語が多いですね。 景行自身の征西は妙だし、子のヤマトタケルによる全国制覇もロマンあふれる物語ですが、古代史としては虚構でしょう。 しかし、この時代にヤマト王権が九州進出に…

98 ヤマト国の伸張(6)4世紀の遠征物語は虚構!

4世紀は、『記・紀』の歴代天皇に当てはめると、崇神の後の垂仁、景行、仲哀、応神の時期に対応します。 そこには大王家が華々しく遠征して、版図を拡大していく様が描かれていますが、伝承的で真実味に欠けるような内容が多いのが特徴です。 崇神による四…

97 朝鮮半島の古代史と倭系遺物

ここまでヤマト国の伸長について言及してきましたが、当時、通交面でもっとも関係の深かった朝鮮半島の状況を確認しておく必要を感じたので、今回は紀元前から4世紀頃までの半島の古代史を概括します。 古代朝鮮半島の民族は、北部が騎馬民族系、南部が韓民…

96 ヤマト国の伸張(5)南山城・丹後に影響力拡大

「纒向のクニ」が大和盆地内で「ヤマト国」として隆盛する時期を経て、「ヤマト王権」は周辺(盆地の外)へと版図を拡大します。ただし、明確な王権への取り込みと言うよりは、交易を通じて周辺に影響を及ぼし圧を強めたというくらいの方が実態を言い当てて…

95 ヤマト国の伸張(4)「さき」地域に重心を移したヤマト国

第91回ブログで予告した「さき」地域について言及します。 和珥氏(およびその前身集団)の勢力圏は、和爾からその北の帯解、大宅、春日一帯まで伸びていますが、その西側に隣接する「さき」地域には、数多くの巨大古墳から成る佐紀盾列古墳群があります。 …

94 ヤマト国の伸張(3)和珥氏とは? 

第91回ブログの補足として、文献上から確認できる和珥氏について言及します。 和珥氏は、古代ヤマト王権を強力に支えた豪族とされていますが、その実像はあまりよく分かっていません。 ただ、ヤマト王権の軍事行動に際しては、外征に従事して版図拡大に貢献…

92 古墳設計思想の伝播・不明確な築造時期

第84回ブログでは、箸墓古墳の築造時期が、必ずしも通説である3世紀半ば頃とは限らず、4世紀前半までの可能性があることに触れました。 どちらを採るかで、古代日本における統治のプロセスに天と地ほどの差が生じてしまいます。 前回(第91回)のブログを…

91 ヤマト国の伸張(2)大和盆地内の連携

「纒向のクニ」を起点に、大和盆地東南部の「おおやまと」全域に勢力を拡大した「ヤマト国」は、3世紀末頃から、盆地北部の有力集団との連携に動き出します。 「ふる」地域集団との同盟関係 「おおやまと」地域のすぐ北は、石上神宮(いそのかみ)のある「…

90 ヤマト国の伸張(1)纒向のクニからヤマト国へ

今回から数回に分けて、纒向に発祥した中小土着勢力による連合体(纒向のクニ)が 大和盆地内で最大勢力の「ヤマト国」になり、その後、周辺へ、そして広域へと影響力を拡大して、ついには「ヤマト王権」にまで成長していくプロセスについて詳述します(第45…