理系脳で紐解く日本の古代史

既存の古代史に挑戦!技術と交通インフラを軸に紀元前2世紀頃から6世紀頃までの古代史を再考する!

古代史本論・4世紀まで

94 ヤマト国の伸張(3)和珥氏とは? 

第91回ブログの補足として、文献上から確認できる和珥氏について言及します。 和珥氏は、古代ヤマト王権を強力に支えた豪族とされていますが、その実像はあまりよく分かっていません。 ただ、ヤマト王権の軍事行動に際しては、外征に従事して版図拡大に貢献…

92 古墳設計思想の伝播・不明確な築造時期

第84回ブログでは、箸墓古墳の築造時期が、必ずしも通説である3世紀半ば頃とは限らず、4世紀前半までの可能性があることに触れました。 どちらを採るかで、古代日本における統治のプロセスに天と地ほどの差が生じてしまいます。 前回(第91回)のブログを…

91 ヤマト国の伸張(2)大和盆地内の連携

「纒向のクニ」を起点に、大和盆地東南部の「おおやまと」全域に勢力を拡大した「ヤマト国」は、3世紀末頃から、盆地北部の有力集団との連携に動き出します。 「ふる」地域集団との同盟関係 「おおやまと」地域のすぐ北は、石上神宮(いそのかみ)のある「…

90 ヤマト国の伸張(1)纒向のクニからヤマト国へ

今回から数回に分けて、纒向に発祥した中小土着勢力による連合体(纒向のクニ)が 大和盆地内で最大勢力の「ヤマト国」になり、その後、周辺へ、そして広域へと影響力を拡大して、ついには「ヤマト王権」にまで成長していくプロセスについて詳述します(第45…