理系脳で紐解く日本の古代史

既存の古代史に挑戦!技術と交通インフラを軸に紀元前2世紀頃から6世紀頃までの古代史を再考する!

98 ヤマト国の伸張(6)4世紀の遠征物語は虚構!

f:id:SHIGEKISAITO:20211031163331j:plain

 4世紀は、『記・紀』の歴代天皇に当てはめると、崇神の後の垂仁、景行、仲哀、応神の時期に対応します。
 そこには大王家が華々しく遠征して、版図を拡大していく様が描かれていますが、伝承的で真実味に欠けるような内容が多いのが特徴です。

 崇神による四道将軍の派遣に続いて、垂仁時代は丹波まで(第96回ブログ)、景行の時代には九州中南部まで、またヤマトタケルの征西・東征、神功皇后・応神時代の朝鮮出兵から難波帰還まで、さらには多くの内紛なども含め、大王家が日本列島の大半を支配下に置いたかのような記事が満載です。

 これに対応するかのように、考古学の方でも、前方後円墳の広がりなどから、この時期にヤマト王権が東北南部から九州中部まで版図を拡大したとする研究者も多いようです。
 筆者は以上のような見方に大きな疑問を持っています。

続きを読む

97 朝鮮半島の古代史と倭系遺物

f:id:SHIGEKISAITO:20211102154816j:plain

 ここまでヤマト国の伸長について言及してきましたが、当時、通交面でもっとも関係の深かった朝鮮半島の状況を確認しておく必要を感じたので、今回は紀元前から4世紀頃までの半島の古代史を概括します。

古代朝鮮半島の民族は、北部が騎馬民族系、南部が韓民族系!
 紀元前1000年頃までの朝鮮半島南部には、縄文人やシナ江南地域と同じ原アジア人の韓族が住んでいました。彼らはツングース系(騎馬民族系)の朝鮮族(濊族・わいぞく)とは異なる文化をもっていました(第37回ブログ)。

 紀元前300年過ぎには、騎馬民族系の朝鮮族が半島北部をまとめ、古朝鮮が出現します。箕氏朝鮮と呼ばれています。

 紀元前190年頃にはシナの息のかかった衛氏朝鮮に置き換わり、韓族は半島最南部に追いやられてしまいます。

 紀元前108年、前漢の武帝が衛氏朝鮮を滅ぼして、楽浪郡など四郡をおき、半島の大半を直轄します。シナによる植民ですね。

 日本列島では、紀元前後に相次いでムラが成長してクニが出現します。前漢の終わり頃から、九州北部のクニグニは楽浪郡にしばしば使者を送ります。

続きを読む

96 ヤマト国の伸張(5)南山城・丹後に影響力拡大

f:id:SHIGEKISAITO:20210927142841j:plain

 「纒向のクニ」が大和盆地内で「ヤマト国」として隆盛する時期を経て、「ヤマト王権」は周辺(盆地の外)へと版図を拡大します。ただし、明確な王権への取り込みと言うよりは、交易を通じて周辺に影響を及ぼし圧を強めたというくらいの方が実態を言い当てているのかもしれません。
 ヤマト王権による版図拡大で真っ先に浮かぶのは「四道将軍の派遣による広域支配」ですが、はたしてそれは史実なのかどうか、まずはそこから確認してみます。

続きを読む

95 ヤマト国の伸張(4)「さき」地域に重心を移したヤマト国

f:id:SHIGEKISAITO:20210826134950j:plain

 第91回ブログで予告した「さき」地域について言及します。
 和珥氏(およびその前身集団)の勢力圏は、和爾からその北の帯解、大宅、春日一帯まで伸びていますが、その西側に隣接する「さき」地域には、数多くの巨大古墳から成る佐紀盾列古墳群があります。
 それらは、古代史に登場する著名な人物の墳墓に比定されていますが、はたして……?

治定されている埋葬者は考古学の知見と合致せず!
 当地域で、現在、天皇一族の陵に治定されている主な古墳は以下の通りです。

続きを読む

94 ヤマト国の伸張(3)和珥氏とは? 

f:id:SHIGEKISAITO:20210826134543j:plain

 第91回ブログの補足として、文献上から確認できる和珥氏について言及します。
 和珥氏は、古代ヤマト王権を強力に支えた豪族とされていますが、その実像はあまりよく分かっていません。
 ただ、ヤマト王権の軍事行動に際しては、外征に従事して版図拡大に貢献した可能性が高く、軍事氏族であったとも思われます。

 天皇家との結びつきは強く、葛城氏に並ぶ勢力がありましたが、政治的には表に出ていません。和珥氏の後裔とされる春日氏とその同族の勢力圏は、大和盆地東北部から広く山城・近江にも及んでいますが、葛城氏や蘇我氏のような外戚氏族とは異なり、ヤマト王権の政治的権力者として栄えた形跡は認められないのが大きな特徴です。

続きを読む